股関節痛でお悩みの方へ

  股関節痛でよくあるお悩み

  • 歩くときに
    太ももの付け根に
    痛みを感じる

  • 階段の
    上り降りが
    つらい

  • 股関節を動かすと
    激しい痛みに
    襲われる

  • 足を思うように
    動かせない

股関節は身体を支える大切な関節です

股関節は、太ももと骨盤をつないでいる関節のことです。
体重を支え、摩擦や衝撃によるダメージを吸収する働きがあります。

 

私たちが普段歩いたり走ったり、階段を登ったりすることができるのは
股関節のサポートがあるためだといわれています。

 

そのため股関節を痛めてしまうと、歩行が困難になるなど日常生活に支障をきたすこともあります。

股関節痛は病気が原因となるものとそうでないものがあります。

 

ここでは、股関節痛の原因や対処法について詳しくご紹介していきます。

股関節痛
改善メニュー Recommend Menu

股関節はどんな役割を担っているのでしょうか?

太ももの付け根にある股関節は私たちの体重を支えるために欠かせない存在です。
さまざまな動きに対応できるように全身の関節でも珍しい構造をしています。

 

【股関節の構造】

股関節は球関節として知られています。
大腿骨にあるボール状の骨頭とその受け皿の役割を担う骨盤の臼蓋(きゅうがい)が組み合わさってできています。
この2つの骨が擦れ合う部分は軟骨でおおされており、股関節にかかる力を吸収するとともに、滑らかな動きをサポートしています。

連結部分が球体のような形になっていることで、屈伸や伸展、外転、内転、外旋、内旋とさまざまな方向に動かすことが可能になります。

 

【股関節の役割】

股関節は、身体のなかでも動作に深く関わりがあり、繰り返し使用する頻度の高い関節だといわれています。

股関節には、身体を安定させたり、摩擦や衝撃のダメージを軽減する機能が備わっています。
股関節の周りには屈筋や伸筋、外転筋などさまざまな筋肉や腱があり、これらの組織が股関節を補強することで安定した動きを作り出しています。

股関節に痛みが生じると身体の体重を正しく支えることが難しくなるため、立ったり歩いたりする動作に支障をきたすようになることもあります。

 

【股関節が痛む主な原因】

股関節痛の原因はさまざまですが、「病気による場合」「日常生活が原因の場合」に大別することができます。
では、どのような病気や要因が股関節痛をもたらすのでしょうか。

 

病気による場合

●変形性股関節症

変形性股関節症は女性に多い病気として知られています。
主な原因は、股関節の形成不全や発育障害の後遺症にあると考えられています。
変形性股関節症が生じると、立ち歩きや歩き始めのときに足の付け根に痛みを感じ、和式トイレや正座の姿勢が難しくなります。

 

●関節リウマチ

関節リウマチは関節内の滑膜という組織が異常に増殖することによって、関節に慢性的な炎症が生じる病気です。
関節の痛みだけでなく、微熱や貧血、倦怠感などを伴うこともあります。
遺伝や細菌感染などが関係していると考えられていますが、詳しい原因に関しては未だに解明されていません。

 

日常生活が原因の場合

●オーバーユース

スポーツなどで同じ動作を繰り返して特定の筋肉に負担をかけ続けると、炎症を起こし、股関節痛が生じるこがもあります。

 

●身体のゆがみ

身体がゆがんでしまうと、股関節を支える筋肉がアンバランスとなり、股関節痛のリスクが高まると考えられています。
特に骨盤や臀部には、股関節とつながる筋肉が多く付着しているため、骨盤がゆがんで筋肉が凝ってしまうと、その牽引力によって股関節に痛みがもたらされることもあります。

股関節痛の原因別対処法

股関節の痛みには病気によるものとそうでないものがあります。
原因に合った対処法を実践し、股関節痛の痛みを和らげましょう。

 

【股関節痛の緩和方法】

●変形性股関節症の場合

関節の変形が進行している場合、人工関節手術が必要となる場合があります。
しかし、初期の変形性股関節症の場合は、保存療法で対処できるといわれています。

痛みを軽減するには、足への負担を減らすことが大切です。
肥満気味の方は体重を落とすことで痛みが緩和することもあります。
心理的抵抗がなければ、杖を使い、歩行時の足への負担を軽減することも有効だといわれています。

 

●関節リウマチの場合

関節リウマチは股関節に炎症が起こっている状態です。
熱を持って痛む場合は冷湿布や保冷剤などで一時的に冷やすことで炎症が抑えられ、痛みが緩和するといわれています。

 

●オーバーユースによる場合

筋肉の使いすぎによる股関節痛の場合、股関節周辺の筋肉を休ませることが大切です。

 

●身体のゆがみによる場合

身体のゆがみによる筋肉のアンバランスさは股関節痛につながります。
股関節周辺のインナーマッスルを強化し、正しい姿勢を維持できるようにしましょう。

 

【股関節痛の予防法】

進行すると日常生活にも悪影響を及ぼす可能性がある股関節痛。
いかにして股関節への負担を軽減できるかが予防のポイントとなります。

 

●筋力トレーニングを行う

股関節にかかる負担を軽減するためには、股関節周りの筋肉を鍛えることが大切です。
椅子に座った状態で片膝を胸に近づける「ももあげ」は、座った状態でも簡単に行えるトレーニングです。
毎日コツコツ継続し、筋肉を鍛えましょう。

 

●栄養バランスを見直す

十分な筋力を維持するためには、食事にも気を配る必要があります。
野菜ばかり食べているとタンパク質が不足し、筋力が低下して関節に負担がかかってしまいます。
特にご高齢の方は質素な食事で済ませることが多いため、意識的にタンパク質を摂取することが大切です。

肉類をはじめ、魚介類、卵、大豆製品、乳製品などにタンパク質は多く含まれていますので、毎日の食事に積極的に取り入れるようにしましょう。

 

●アクアエクササイズを行う

股関節痛を予防するには、日頃から身体を動かし、筋力を維持しておくとよいといわれています。
水中ウォーキングや水泳などのアクアエクササイズは、浮力によって股関節への負担も軽減されるため、股関節痛を感じている方でも無理なく続けることができます。
1日30分程度、週に2〜3回を目安に、ご自身のペースで楽しみながら行いましょう。

長者町ビオス整骨院【股関節痛】に対するアプローチ方法

骨盤と大腿骨の接点となる股関節は、身体の中で最も大きな関節です。
歩く、 走る、階段を昇り降りするなど、体重を常に支えているため、痛みを感じる機会が多い部位でもあります。

当院では骨格の位置・可動域を検査しその方に一番合った施術を行います。

まずは硬くなった筋肉を手技療法(マッサージ)で和らげ股関節のストレッチ・骨盤矯正などを織り交ぜ無理なく施術します。

著者 Writer

著者画像
スギヤマ タクヤ
院長 杉山 拓也
神奈川県 横浜医療専門学校卒業。

誕生日:7/31  
血液型:A型
趣味:草野球、車  
出身:神奈川県茅ケ崎市

小・中・高と8年間野球をやっていました。
中学時代のケガがきっかけでこの業界に出会い、僕のようにケガや身体のトラブルでやりたいこと断念してしまう方を少しでも救えたらなという思いで柔道整復師を取得しました。

さまざまなお悩みを持つ患者様に寄り添い、
笑顔に出来る先生になれるよう日々奮闘しております。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:長者町ビオス整骨院
住所〒231-0038 神奈川県横浜市中区山吹町1-7
パークノヴァ伊勢佐木長者町1階
最寄「伊勢佐木長者町駅」
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:30〜
12:30
-
14:00〜
20:00
9:00~
16:00
-
定休日:日曜
※土曜・祝日:9:00~16:00 休憩無し

【公式】長者町ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】長者町ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】長者町ビオス整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中