足底筋膜炎でお悩みの方へ

  足底筋膜炎でよくあるお悩み

  • 土踏まずの
    あたりが痛む

  • 朝起きたときに
    かかとがひどく痛む

  • 脚の裏に
    違和感がある

  • 歩いたり
    走ったりすると
    足裏が痛み出す

足の裏の痛みの正体とは?

久しぶりに歩き回ったり、スポーツを頑張ったりしたとき
かかとや土踏まずが痛くなることはありませんか。

そのような症状がある方は、足底筋膜炎を発症している可能性があります。

 

足底筋膜炎とは、足の縦のアーチ構造を支える足底筋膜が炎症を起こしている状態のことを指します。
足のオーバーユースが原因となることが多く、スポーツを楽しむ方は発症するリスクが高くなります。

 

ここでは、足底筋膜炎の原因や症状、対処法について詳しくご紹介していきます。

足底筋膜炎改善メニュー Recommend Menu

足底筋膜の役割

普段何気なく動かしている足。
その動きに欠かせない「足底筋膜」縁の下の力持ちともいえる大切な存在です。

 

【足底筋膜とは】

足底筋膜は、かかとからそれぞれの足の指へと放射状に広がっている筋膜のことを指します。
厚く丈夫な組織で、足にかかる体重を支えています。

また、足には衝撃を分散させる横のアーチ縦のアーチというものがあります。
足底筋膜は、足底で弓状の縦のアーチをつくり、土踏まずの部分を支えています。
衝撃を吸収するスプリントのような役割があり、歩いたり走ったりという基本的な動作からジャンプなどさまざまな複雑な動きをサポートしています。

さらに足底の筋肉や腱、神経、血管を保護する役割もあるといわれています。

 

【足底筋膜炎とは】

足底筋膜炎は、足底筋膜に炎症が起こっている状態のことをいいます。
スポーツをされている方や筋力が低下している方は足底筋膜炎になる可能性が高いため、注意が必要です。

 

【足底筋膜炎の原因】

足底筋膜炎の原因として次のような要因が挙げられます。

●加齢による筋力の低下

年齢を重ねるにつれて足底の筋力は低下するといわれています。
また、身体の回復力も徐々に弱くなり、足底筋膜が些細なことで傷つきやすくなります。
すると、傷ついた足底筋膜が修復するために時間がかかるため、炎症が起こりやすくなります。

 

●スポーツでのオーバーユース

スポーツなどでランニングやジャンプなど、足裏に衝撃が伝わる動作や強く引っ張られる力が繰り返されると足底筋膜が徐々に傷ついていき、断裂や炎症が起こりやすくなります。

 

●太り過ぎ

肥満傾向にある方は体重を支えるだけでも足底筋膜に大きな負担がかかりますので、炎症が起こりやすくなります。

 

【足底筋膜炎の症状】

足底筋膜炎の初期症状には次のようなものがあります。

・急に歩き出すと足の裏が痛む
・かかとの前内方を押すと痛い
・土踏まずが痛む

特に足底筋膜炎は、起床時に布団から出て歩こうとする際に強い痛みが現れることが特徴です。
さらに症状が進行してしまうと、組織の変性が起こり、足底筋膜炎が治りにくくなる傾向があります。
また、組織が硬くなって骨が引っ張られてしまうことで棘状の「骨棘」ができることもあります。

 

【足底筋膜炎のチェック方法】

ご自身が足底筋膜炎の可能性があるか下記方法でチェックしてみましょう。

・かかとを押すと痛みがある
・長時間、立ったり歩いたりすると踵に痛みが現れる
・足の裏に突っ張った感じがある
・つま先立ちがつらい

当てはまる症状でお悩みの方は足底筋膜炎の可能性があります。

足底筋膜炎の対処法・予防方法

スポーツをしている方は特に足底筋膜炎とうまく付き合っていくことが大切です。
では、足底筋膜炎のような症状がある場合はどのように対処したらよいのでしょうか。

 

【足底筋膜炎の対処法】

●休息を取る

足底に痛みがある場合、炎症が起きているので、動くとさらに悪化する可能性があります。
痛みが引くまでは数日間無理な運動をしないようにしましょう。

痛みがひどい場合は保冷剤や氷水を入れた袋で足裏を冷やすと一時的に痛みが落ち着きます。

 

●クッション性のある靴を選ぶ

かかとが薄めの靴は、着地したときの衝撃がダイレクトに足に伝わってしまいます。
クッション性に優れた靴を選ぶことで、衝撃がダイレクトに伝わることを防ぎ、痛みの軽減を図ります。

 

●テーピングやインソールを使う

足底筋膜炎では、足底のアーチが崩れる傾向にあるます。
テーピングによってアーチ機能をサポートすることでクッション機能の回復が目指せます。
テーピングが難しいという方はインソールやサポーターを活用しましょう。

 

【足底筋膜炎の予防法】

足底筋膜炎を防ぐためには筋肉を鍛えることが大切ですが、普段運動不足の方が突然運動を始めると足底筋膜炎を発症しやすくなります。
まずは、マッサージや歩き方の改善など小さなことを積み重ねて、足底筋膜炎を予防しましょう。

 

●足の裏のマッサージを行う

足底筋膜炎を予防するためには、足の裏をほぐし、足底筋膜の柔軟性を維持することが大切です。
足の裏のマッサージは、ゴルフボールを踏みんで足裏でコロコロ転がすだけで簡単に行うことができます。
テレビを見ているときなど時間があるときに取り入れましょう。

 

●練習量を調節する

スポーツによって足をオーバーユースしているという方は、練習量を少なく調整する必要があります。
練習メニューは時間よりも質にこだわることを意識してみましょう。
すでに足裏が痛む場合は、痛みが引くまで激しいスポーツは中止しましょう。

 

●歩き方を改善する

すり足や狭い歩幅は足の筋肉の衰えにつながります。
足底筋膜炎になりにくい正しい歩き方を心がけることが大切です。
広い歩幅を意識し、地面から足全体を離し、かかとから着地させることを意識しましょう。

長者町ビオス整骨院【足底筋膜炎】に対するアプローチ方法

足底筋膜炎は、症状の軽い場合は自然に改善することもありますが、放っておくと改善が難しい難治性足底腱膜炎となることがあります。
難治性の足底筋膜炎は1年以上、あるいは数年単位で痛みが続きます。

そのため早い段階で適切な施術をすることが治癒への近道です。
足底腱膜の付着部へのストレスを軽減するために、足底腱膜自体の柔軟性を出すことが必要です。

足裏の手技(マッサージ)をすることで足底腱膜の柔軟性を高める効果が期待できます。
手技では、足裏の土踏まずのあたりを中心に筋肉・筋膜をマッサージしていきます。
※ただし痛みのある踵の部分などは、マッサージすることで逆に炎症を強くしてしまうこともあるため、注意が必要です。
下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)も柔軟性を出すことで、踵の骨を通じて足底筋膜にかかるストレスの緩和が期待できます。

また、ハイボルト機器や、組織の回復を早める超音波機器鍼灸なども併用することで効果的に回復を早めてくれます。

その他には足底腱膜炎は足にかかる負担を軽減することができるテーピングも有効です。
扁平足の方の場合と、ハイアーチ(土踏まずが高すぎる方)の場合で巻き方を変えていきます。

足底腱膜炎に効果的なインソールもご用意いたします。
インソールを使用すると足底筋膜にかかるストレスの緩和が期待できます。

著者 Writer

著者画像
スギヤマ タクヤ
院長 杉山 拓也
神奈川県 横浜医療専門学校卒業。

誕生日:7/31  
血液型:A型
趣味:草野球、車  
出身:神奈川県茅ケ崎市

小・中・高と8年間野球をやっていました。
中学時代のケガがきっかけでこの業界に出会い、僕のようにケガや身体のトラブルでやりたいこと断念してしまう方を少しでも救えたらなという思いで柔道整復師を取得しました。

さまざまなお悩みを持つ患者様に寄り添い、
笑顔に出来る先生になれるよう日々奮闘しております。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:長者町ビオス整骨院
住所〒231-0038 神奈川県横浜市中区山吹町1-7
パークノヴァ伊勢佐木長者町1階
最寄「伊勢佐木長者町駅」
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:30〜
12:30
-
14:00〜
20:00
9:00~
16:00
-
定休日:日曜
※土曜・祝日:9:00~16:00 休憩無し

【公式】長者町ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】長者町ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】長者町ビオス整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中