肩こりでお悩みの方へ

  肩こりでよくあるお悩み

  • 肩が重くて
    仕事に集中
    できない

  • パソコン作業
    が多く、
    目も肩も
    疲れている

  • 肩のゴリゴリを
    どうにかしたい

  • 肩が張って
    鈍い痛みを
    感じる

肩こりは日本人の国民病です

日本人の多くの方が悩まされている「肩こり」

ご自身の手で肩を揉んだり家族に揉んでもらった経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

肩こりは病名ではなく、首や肩の筋肉の硬直を指す症状のことを指しますが、
その原因はデスクワークや猫背、眼精疲労や血圧の状態などさまざまです。

 

肩こりは単に肩がだるくなるだけでなく、
自律神経にも影響を及ぼすことで頭痛やめまい、吐き気につながることもあります。

 

ここでは、肩こりの原因や症状、対処法について詳しくご紹介していきます。

肩こり
改善メニュー Recommend Menu

どうして肩は凝りやすいのでしょうか?

背中がだるい、重いと感じる経験は誰しも一度はあるのではないでしょうか。
肩こりは身体の不調のなかでも特に多くの方が感じているお悩みの1つです。

デスクワークやスマホの普及により、若年者の方でも肩こりに悩まれている方は増えています。

 

【肩こりとは】

肩こりは病名ではなく、首や肩の筋肉が硬くなっている状態のことを指します。
主に背中に広がる僧帽筋の硬直が原因だと考えられています。

肩こりに悩まれている方は多く、日本人の「国民病」ともいわれています。
日本人が肩こりになりやすい原因としては、床に正座やあぐらで座る文化があり、身体が猫背になりやすいことが挙げられています。

 

【肩こりの原因】

●姿勢の悪さ

パソコンが普及した現代社会では、デスクワークをしている方も多いのではないでしょうか。
長時間デスクワークが続くと、姿勢が前かがみになり、首や肩の筋肉を緊張させてしまいます。
筋肉の緊張が続くと血流が悪くなり、疲労物質が肩の筋肉に溜まるため、肩こりにつながります。

 

●眼精疲労

眼精疲労も肩こりをもたらすことで知られています。
特に長時間のパソコン作業やスマホの使用でピントが近くにあった状態が続くと、目の筋肉が緊張し、首や肩の筋肉の緊張も誘発されやすくなります。

 

●低血圧や高血圧

血圧も肩こりと関係があるといわれています。
高血圧の方は、常に身体が緊張状態にあるため、肩こりを生じやすくなる傾向にあるようです。

また、血圧が低すぎる場合も血液循環に支障が生じるため、慢性的な疲労感が現れ、肩こりを感じることがあります。

 

【肩こりは自律神経の働きにも影響を及ぼします】

肩こりは「肩のだるさ」「鈍い痛み」など肩に症状を感じるだけではありません。

肩の筋肉の血行不良は自律神経の働きに影響を与え、全身のさまざまな不調につながります。
原因が分からない頭痛やめまいがあるという方はもしかすると肩こりと関係しているのかもしれません。

 

【肩こりの代表的な症状】

筋肉に蓄積された疲労物質が周囲の自律神経を刺激し、交感神経が異常に高ぶる場合があります。
交感神経が高ぶった状態が続くと、少しの刺激にも身体が過敏に反応してしまうため、次のような自律神経の不調をもたらします。

・慢性的な疲労感
・緊張性頭痛
・不眠
・めまい
・吐き気

 

これらの症状がストレスとなってしまうことで、自律神経が刺激され、さらに肩こりが悪化する悪循環に陥ることもあります。

また、肩こりがひどくなると筋肉の柔軟性が失われ、「四十肩・五十肩」「腱板断裂」などといった別のケガを発症するリスクも高まるため、早めに対処することが大切です。

簡単に行える肩こりの対処法

ひどい肩こりは改善に時間がかかるため、軽い肩こりのときに早めに対処することが大切です。
日常生活でいくつか気を付けておくべきポイントについてご紹介しますので、肩こりで悩まれている方は一度試してみてください。

 

【肩こりの対処法】

●湯船に浸かる

肩こりの原因となる血行不良は身体を温めることで改善が期待できます。
38℃から40℃前後の湯船に15分ほど浸かるだけでも血行改善効果が期待できますので、普段シャワーで済ませているという方は、毎日湯船に浸かるようにするとよいでしょう。

 

●肩の筋肉を動かす

肩こりは筋肉が硬くなっていることで起こることが多いため、ストレッチなどで肩の筋肉を動かし、筋肉をほぐしましょう。
肩を前後に大きくぐるぐる回すストレッチや、肩を思い切りすくめて一気に脱力するストレッチなどを意識的に行うようにしましょう。

 

●有酸素運動を行う

有酸素運動は全身の血の巡りを良くするため、肩こりの原因となる疲労物質を取り除くことに効果的です。
水泳やジョギング、サイクリングなどの有酸素運動は週に3回、1回30分程度が目安です。

 

【肩こりの予防法】

●眼を休める

肩こりは目の疲れから来ることもありますので、日頃から目の疲れを溜めないことが大切です。
蒸しタオルやホットアイマスクなどで目元を温め、目をリラックスさせましょう。
デスクワークが多い方はこまめに遠くを見つめ、目の筋肉を緩めましょう。

 

●悪い生活習慣を改善する

肩こりは生活習慣との関連が深い症状です。
特に高血圧の方は生活習慣が乱れていることが多く、肩こりはもちろんのことさまざまな病気を発症する可能性が高いため、注意が必要です。
高血圧の方は次のような点に気をつけるようにしましょう。

・塩分や糖分の過剰摂取を控える
・禁煙する
・お酒を飲みすぎない
・ストレスを適度に発散する

 

●冷えを防ぐ

身体が冷えてしまうと、血行が悪くなって肩こりにつながります。
特に低血圧の方は身体の冷えから肩こりが生じることが多いといわれています。

冬場はマフラーや手袋などの防寒具や使い捨てカイロなどを活用し、身体の冷えを防ぎましょう。
身体は冷房でも冷えることがありますので、夏場は羽織ものを1枚持ち歩いて、いざというときに備えておきましょう。

長者町ビオス整骨院【肩こり】に対するアプローチ方法

当院では、肩こりでお悩みの方に対して、痛い部分だけをもむのでなく関連する筋肉にもマッサージをし、より即効性を出すための鍼灸で肩こりにアプローチしていきます。

痛みの早期緩和の次は、痛みの根本的な原因にアプローチしていきます。
痛みが緩和しても、身体がゆがんでいる場合はしばらくすると痛みが戻ってしまいます。

肩こりの場合は、普段の姿勢が悪く、いわゆる猫背など背骨にゆがみが生じていることがほとんどです。
中には骨盤のゆがみからきていることもあります。

そのため、当院では猫背の矯正や、骨盤矯正で肩こりが起きない自然な身体の状態に調整していきます。

著者 Writer

著者画像
スギヤマ タクヤ
院長 杉山 拓也
神奈川県 横浜医療専門学校卒業。

誕生日:7/31  
血液型:A型
趣味:草野球、車  
出身:神奈川県茅ケ崎市

小・中・高と8年間野球をやっていました。
中学時代のケガがきっかけでこの業界に出会い、僕のようにケガや身体のトラブルでやりたいこと断念してしまう方を少しでも救えたらなという思いで柔道整復師を取得しました。

さまざまなお悩みを持つ患者様に寄り添い、
笑顔に出来る先生になれるよう日々奮闘しております。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:長者町ビオス整骨院
住所〒231-0038 神奈川県横浜市中区山吹町1-7
パークノヴァ伊勢佐木長者町1階
最寄「伊勢佐木長者町駅」
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:30〜
12:30
-
14:00〜
20:00
9:00~
16:00
-
定休日:日曜
※土曜・祝日:9:00~16:00 休憩無し

【公式】長者町ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】長者町ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】長者町ビオス整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中