ぎっくり腰でお悩みの方へ

  ぎっくり腰でよくあるお悩み

  • 少しでも
    動くと腰が
    激しく痛む

  • 背中に電気が
    走ったような
    ピリッとした
    痛みを感じる

  • ぎっくり腰を
    再発するのでは
    ないかと不安

  • 重いものを
    抱えるとき、
    背中に痛みを
    感じる

ぎっくり腰は突然訪れます

予期せぬときに腰に痛みに襲われるぎっくり腰。

 

重いものを抱えるなど腰に大きな負担がかかったときだけでなく、
くしゃみやせき、寝返りなど何気ない動作をきっかけに発症するケースもあります。

 

ぎっくり腰は一度発症すると、再発のリスクがあるため、注意が必要です。

 

また、なかなか改善しないぎっくり腰は
別の病気が原因となっている場合があります。

 

ここでは、ぎっくり腰の原因や症状、対処法について詳しくご紹介していきます。

ぎっくり腰改善メニュー Recommend Menu

ぎっくり腰の主な原因

突然腰が痛くなり、その場から動けなくなってしまうぎっくり腰。

西洋では、その激しい痛みから「魔女の一撃」という異名で呼ばれることもあります。

ぎっくり腰は中高年に多いイメージがありますが、若年の方でも発症するリスクがあります。

 

【ぎっくり腰とは】

ぎっくり腰の正式名称は「急性腰痛」といい、急激に発症した腰痛のことを指します。
主に背中の筋肉や筋膜の損傷、肉離れなどがきっかけとなるといわれています。

ぎっくり腰の由来には、突然腰が痛むことから「びっくり腰」と呼ばれていたものが「ぎっくり腰」として定着したという説があります。

ぎっくり腰を発症しているのにもかかわらず、無理をして動いてしまうと、損傷が広がって痛みが増幅することもあるため注意が必要です。

また、ぎっくり腰を何度も繰り返すという方は椎間板ヘルニアなど別の病気を発症している可能性もあります。

 

【ぎっくり腰の主な原因】

ぎっくり腰はレントゲン画像などで確認することができないため、正確な原因については明らかになっていません。
しかし、次のような要因が影響していると考えられています。

 

●腰への大きな衝撃

「重いものを持ち上げる」「腰を思い切りひねる」など腰に大きな衝撃が加わったときにぎっくり腰は起こりやすい傾向があります。

特にテニスやゴルフなど腰を回転させる動作は瞬間的に腰に大きな負担がかかりやすいため、注意が必要です。
中高年はもちろんのこと、スポーツを楽しむ若年の方でも発症するリスクがあります。

 

●筋肉疲労の蓄積

ぎっくり腰は「くしゃみをする」「前かがみの姿勢になる」など日常の何気ない動作によって発症することがあります。

これらは筋肉疲労の蓄積が原因だと考えられており、わずかな衝撃にも耐えられないほど腰の組織が弱ってしまっている状態です。

また、日頃から運動不足である方も筋肉量が低下しているため、少しの衝撃でもぎっくり腰になる場合があります。

 

【ぎっくり腰の症状】

激しい痛みをもたらすぎっくり腰ですが、時間が経つにつれて症状は変化していきます。
ぎっくり腰とよく似た症状をもたらす病気もありますので、ご自身の腰の痛みが「ぎっくり腰によるものなのか」「別の病気によるものなのか」チェックしてみましょう。

 

ぎっくり腰は発症してから数日間は動けないほどの激しい痛みに襲われる場合が多いです。

激しい痛みは主に炎症が原因だと考えられており、「じんじんする痛み」や「しびれるような痛み」痛みの度合いはさまざまです。

炎症が落ち着くと痛みも徐々に落ち着いてきますが、数週間ほどは軽い痛みが続き、1ヶ月程度で回復していきます。

 

【ぎっくり腰の前兆】

大きな衝撃によって起こるぎっくり腰は前兆なく現れることが多いです。
しかし、筋肉疲労の蓄積が原因となって起こるぎっくり腰には、前兆がある場合もあります。

腰に違和感を覚えたり、慢性的な腰痛に悩まされている方は、ぎっくり腰を起こす一歩手前の状況に陥っている可能性があるため注意しましょう。

 

【ぎっくり腰以外の腰の痛み】

発症後、痛みが増していくなどぎっくり腰とは違う症状がある場合は、別の病気の可能性があります。
違和感を覚えたらできる限り早めに医療機関に相談することが大切です。

 

●脊柱管狭窄症

背骨や椎間関節から飛び出した骨が神経を圧迫する病気です。
背筋を伸ばしたり立っていたりするとしびれや痛みが現れます。

 

●椎間板ヘルニア

椎間板は背骨の間でクッションの役割をしている組織です。
椎間板ヘルニアはその一部が変形することで発生します。
腰の痛みだけでなく、下肢にしびれや痛みが現れ、足に力が入りにくくなることが特徴です。

 

●脊椎すべり症

脊椎すべり症は椎間関節や椎間板が変性することなどによってずれが生じることで起こります。
腰痛やしびれ、排尿障害などの症状がみられます。

急性期と慢性期の対処法

ぎっくり腰は急性期慢性期で対処法が異なります。
それぞれに適した対処法を知り、いざというときのために備えておきましょう。

 

【ぎっくり腰の対処法】

●急性期の場合

痛い方向に動かしてしまうと、損傷が広がる可能性があります。
痛みがひどくて動けないという場合は、無理をせず休息を取りましょう。

また、患部で炎症が起こっている場合は冷やして対処しましょう。
氷水を入れたビニール袋や保冷剤などをタオル越しに当てて15分程度冷やすことで、炎症の広がりを防ぐことにつながります。

一方、血行促進作用のある入浴はかえって炎症を悪化させてしまうため、ひどい痛みが治まるまでは控えたほうがよいでしょう。

●慢性期の場合

痛みが落ち着いてきたらできる限り普段通りの生活を心がけ、腰を動かすようにしましょう。
腰を長い間動かさない状態が続くと、筋肉や組織が弱くなり、ぎっくり腰を繰り返しやすくなります。
痛みが心配な方はコルセットなどを活用し、徐々に身体を慣らしていきましょう。

 

【ぎっくり腰の予防法】

ぎっくり腰を何度も繰り返すという方は日常生活に問題がある場合があります。

次のような点を意識し、ぎっくり腰の予防に努めましょう。

 

●無理な姿勢を取らない

腰に負担がかかる姿勢を続けると、腰の組織が傷つき、ぎっくり腰を起こしやすくなります。
無理な姿勢は避け、腰への負担を軽減しましょう。
重い物を持つ時には、膝を曲げて持つように意識するとよいでしょう。

 

●太りすぎに気をつける

体重が増え過ぎてしまうと、腰への負荷が増大してしまいます。
食生活を整えたり適度な運動を行ったりする習慣を身につけ、太りすぎに気をつけましょう。

 

●適度な運動を行う

ぎっくり腰を予防するためには腰を支えるための筋肉を鍛える運動や、筋肉や靭帯を柔軟にするストレッチ運動を行いましょう。
水中ウォーキングや水泳などの水中運動は腰への負担を抑えながら筋力アップを目指すことができます。

また、体幹を鍛えることで腰が安定し、痛みの軽減につながります。

「ドローイン」寝ながら行える体感トレーニングです。
やり方は次の通りです。

・仰向けになり、膝を立てます。
・おへそのあたりに手をあてます。
・背中を床に押し付け、おへそを引き込んでいきます。

 

正しく行えていれば、おへその周りがキュッと締め付けられるような感覚を得られます。

長者町ビオス整骨院【ぎっくり腰】に対するアプローチ方法

当院では、ぎっくり腰でお悩みの方に対して痛みを押さえる効果の高い鍼灸ハイボルト機器を用いて痛みを抑えます。
回復を早めるため超音波機器なども効果的です。

安静を保つためにコルセットの着用やテーピングも効果的です。
痛みが強いときは、身体には余計な力が入り、別のところが痛くなったり身体のゆがみにつながります。
そのため、この時期は無理はしないように過ごしていただきます。

痛みが半分以下になったら、硬くなった筋肉をほぐし、循環を良くする為に手技療法(マッサージ)や温熱効果のある超音波機器鍼灸がおすすめです。

このくらいから可能な範囲で身体を動かしていただきます。

 

日常生活での動作がとりあえず出来るようになったら、ぎっくり腰を改善するための施術を行っていきます。

急性期には、身体を動かすことが難しいのでぎっくり腰の原因が何かという事を判断するのは難しくなります。
症状が落ち着いてきた段階で、姿勢評価関節の動き、筋力検査からぎっくり腰の原因を考え再発しないための身体づくりを一緒に考えていきます。

日頃のメンテも大切ですが、再発予防に効果的なメニューはおなかに力が入り、体幹を安定させるようにする、複合高周波EMS楽トレがおすすめです。

著者 Writer

著者画像
スギヤマ タクヤ
院長 杉山 拓也
神奈川県 横浜医療専門学校卒業。

誕生日:7/31  
血液型:A型
趣味:草野球、車  
出身:神奈川県茅ケ崎市

小・中・高と8年間野球をやっていました。
中学時代のケガがきっかけでこの業界に出会い、僕のようにケガや身体のトラブルでやりたいこと断念してしまう方を少しでも救えたらなという思いで柔道整復師を取得しました。

さまざまなお悩みを持つ患者様に寄り添い、
笑顔に出来る先生になれるよう日々奮闘しております。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:長者町ビオス整骨院
住所〒231-0038 神奈川県横浜市中区山吹町1-7
パークノヴァ伊勢佐木長者町1階
最寄「伊勢佐木長者町駅」
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:30〜
12:30
-
14:00〜
20:00
9:00~
16:00
-
定休日:日曜
※土曜・祝日:9:00~16:00 休憩無し

【公式】長者町ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】長者町ビオス整骨院 公式SNSアカウント Instagram・LINEを運用中!

【公式】長者町ビオス整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中